最近の製造作品

五輪塔

 五輪塔とは、平安時代末期から供養塔、供養墓として多く見られるようになった。
経典の記述に基づき日本で考案されたものとの考えが有力である。

 石造のものは石造美術の一分野として重要な位置を占める。
 ウィキペディアより

   大和型 五輪塔

DSC_1541

 

  宝満山型 五輪塔

DSC_0800

 

  創作 五輪塔

DSC_0336

 

  手元供養(室内置き) 五輪塔

IMG_0011

 

全て手作りです。  墓石塔というのは五輪塔の事をさしています。

御施主様には大変喜んで頂きました。有難うございます。